電車内のマナーの1つに「通話禁止」があります。
通話は周囲の人に迷惑がかかるため、ほとんど見かけることはありませんが、はたしてこの一般認識は正解なのでしょうか。
緊急連絡や仕事関係の連絡の場合、メールでやり取りするか、電車を下りてから掛け直す必要があります。
これは電車内でのマナーを守るために誰もが当たり前に行っていることだと思います。

通話が迷惑になる理由は「声」です。
ならば、小声で通話できるのであれば、問題ないと思うのです。
電車内には小声で会話をしている人がたくさんいますが、それと大きな違いは無いと考えます。

では、どうして多くの方が電車で通話をしないのでしょうか。
1つは、通話内容を聞かれたくないと言うのがあるでしょう。
そして、日本人の性格も影響しているように思います。
柔軟性に欠け、決められた事を死守する国民性が挙げられます。
そのため「通話ならいかなる場合でもしてはいけない」という考えに縛られているのではないでしょうか。

緊急時に「今電車だから」という理由で通話を拒むのは、通話相手への気配りに欠けているような気がします。キレイモ 脱毛ラボ