保険約款というのがあるのですが、これは保険契約者と保険者が締結をすることになる内容を定めているものであり、普通保険約款とそれを変更したり解除したりする特別保険約款というのがあります。保険約款の作成、仕様変更というのは実は大臣の許可というのが必要になりそれだけ保険サービスというものは一つの金融サービスとして認識されている理由で勝手に作ることができないということになっています。リスクがあれば別にそこに保険サービスを作ることは不可能ではないのですが、あれもこれも、と保険サービスを作られても困る、ということになりますから国の許可を得なければ保険サービスというのは作ることができないということになります。そもそも金融の一分野になるわけですから勝手にやられますとすごく社会的に困難をしてしまうということがあるからです。保険会社というもの自体、正式に資格を取って行なっていないとダメということになっているのです。