1958時期に開催された1958時期のワールドカップ、スウェーデンフェスティバル以後、実際58時期振りとのぼるインターナショナルフェスティバルの出席となったウェールズ筆頭、こういう組が今フェスティバル特に結果を記した組と言っても過言ではありません。
イングランド筆頭には敗れたものの、類リーグを2勝1敗のまっすぐ首位合格、中でも準々決勝のベルギー戦、優勝選択肢で安上がりと言われていた相手に堂々と自分達のサッカーを展開し、3対1というスコアで勝利したのは最大の佳境となったと思います。
国々最高のアスリートの独力と瞳受けるベイルと共に組を支え、1目標4応援の奮戦を見せていたラムジーの出席中断もあってかポルトガル筆頭との準決勝では活躍むなしく2対1で敗れてしまいましたが、敗色濃密となった競争終了間際までくれぐれも諦めず、絶えず目標を狙ったベイルの服装がインプレッションに残りました。
この大会、毎競争有難い競争を展開したウェールズ筆頭こそ誇らしい落第生であると思います。
次は60時期振りとのぼる次回のワールドカップでその晴れ姿を見てみたいものです。http://www.sepfi.org/